講演・セミナー(2022年実績)

Lecture&Seminar

画像は2019年に開催した講演の様子です。本展は感染予防対応策を講じ、安全・安心に開催いたします。
展示会場内で、「自治体講演」「特別講演」「専門セミナー」を実施。

オンライン展示会ではアーカイブされないセッションもございます。

自治体特別講演地方自治体によるDX推進の先進事例

  • 東京会場
    自治体特別講演
    2022-06-16 11:30 ~ 12:00
    F3-2塩尻市におけるDXの取組 ~行政DXと地域DX、DX人材育成への取組~

    長野県塩尻市
    企画政策部参事 兼 最高デジタル責任者
    小澤 光興 氏

    詳細

セミナー詳細
塩尻市におけるDXの取組 ~行政DXと地域DX、DX人材育成への取組~
塩尻市におけるDX戦略では、行政DXと地域DXという二本立ての戦略を策定し、地域住民の満足度向上を掲げて、DXの推進を実施している。
また「全職員がDXを理解して推進すべく」、人事担当者がKDDI社の協力を得て、全職員を対象としたDX人材育成に取り組んでいる。
当市におけるDX戦略並びに職員向けの人材育成について、その取組内容について紹介する。
プロフィール
昭和59年塩尻市役所入庁。約25年間情報推進部門を経験後
現職にて庁内DX、地域DXの推進に従事。
また、県のDX戦略にも関わり県内のDX推進にも参画。
  • 東京会場
    自治体特別講演
    2022-06-16 12:30 ~ 13:00
    F3-3行政手続等デジタル化に向けた取り組み

    東京都
    デジタルサービス局 戦略部 区市町村DX支援課長
    橋本 康昭 氏

    詳細

セミナー詳細
行政手続等デジタル化に向けた取り組み
令和2年12月に自治体DX推進計画が公表されるなど、地方自治体のデジタル関連施策は大きな転換点を迎えている。
都では、行政サービスの根幹ともいうべき行政手続のデジタル化を強力に推し進めていくため、都内区市町村のDX推進への支援を展開している。
本講演では、都内区市町村の行政手続等デジタル化に係る今般の情勢や、都の支援策などについて解説する。
プロフィール
平成10年東京都採用。厚生労働省健康局、荒川区福祉部などで業務を経験し、平成23年東京都立広尾病院医事課長。その後、東京都総務局、同福祉保健局、同オリンピック・パラリンピック組織委員会などを経て、現職。
  • 東京会場
    自治体特別講演
    2022-06-16 14:30 ~ 15:00
    F3-5なぜ今DXなのか~神戸市のDX推進の背景~

    兵庫県神戸市
    企画調整局 デジタル戦略部長
    森 浩三 氏

    詳細

セミナー詳細
なぜ今DXなのか~神戸市のDX推進の背景~
神戸市は平成29年から「働き方改革」を推進し、スマートで働きやすい職場とスマートで優しい市民サービスの両立を目指している。他の自治体に先駆けて、在宅勤務やテレワーク、ペーパーレスやチャットツールの導入、スタートアップとの連携などDXを推進してきた神戸市が会得したDXの本質と、その先にある新たな目標についてお話しする。
プロフィール
愛知県出身
1994(平成6)年 神戸市入庁、民生局同和対策室配属(人権関係)
1995(平成7)年 阪神・淡路大震災(災害復旧関係)
1997(平成9)年 総務局庶務課(局庶務)
1999(平成11)年 理財局財務課(予算編成・行財政改善)
2005(平成17)年 産業振興局企業立地課(企業誘致・分譲地営業)
2012(平成24)年 長田区保護課(生活保護・ケースワーカーのマネジメント)
2013(平成25)年 企画調整局情報化戦略部(現 デジタル戦略部)
(マイナンバー・ICT利活用・DX、システム・セキュリティの責任者)
  • 東京会場
    自治体特別講演
    2022-06-17 11:30 ~ 12:00
    S3-2町DXの始め方とこれから~行政改革・DXガイドライン・公民連携~

    静岡県駿東郡小山町
    企画政策課副主任
    菅野 桂太 氏

    詳細

セミナー詳細
町DXの始め方とこれから~行政改革・DXガイドライン・公民連携~
プロフィール
  • 東京会場
    自治体特別講演
    2022-06-17 12:30 ~ 13:00
    S3-3デジタルガバメント推進における横須賀市の取り組み~デジタル業務改革による効率的な行政運営を目指す~

    神奈川県横須賀市
    経営企画部デジタル・ガバメント推進室 室長
    寒川 孝之 氏

    詳細

セミナー詳細
デジタルガバメント推進における横須賀市の取り組み~デジタル業務改革による効率的な行政運営を目指す~
DX推進における横須賀市の取り組み
人口減少により当然職員数も減少することから、現在の行政サービスレベルを維持する事が難しくなるのは明らかです。
公務員は実直ですので、淡々と業務をこなしていますが、今、業務手順を見直さないと少ない職員数でこれからの将来は対応できません。
なぜ、横須賀市がDXを推進するのか、また、DX推進に庁内の理解が得られない等の課題やDX推進で何を目指しているのかを含め、取り組みの内容をお話しします。
プロフィール
窓口・福祉部門を経て2001年に情報政策課(情報システム部門)へ配属。
ICカードによるまちづくり実証実験「IT装備都市研究事業」、「電源地域情報化推進モデル事業」を担当。2005年には、横須賀市コールセンターを開設。
その後、企画部門に異動し、横須賀市新港地区交流拠点への国等の合同庁舎移転や地方再生コンパクトシティのモデル都市申請、大規模土地利用によるまちづくり事業に従事。その他、オリンピック関連業務として、イスラエル柔道チームの事前キャンプ誘致・イスラエルのホストタウン申請を担当。
2020年4月、横須賀市経営企画部デジタル・ガバメント推進室長に就任。
  • 東京会場
    自治体特別講演
    2022-06-17 13:30 ~ 14:00
    S3-4【パネルディスカッション】対談:神奈川県×足立区 ~RPAを積極活用した自治体DXの最前線~

    [パネラ] 神奈川県
    総務局 デジタル戦略本部室 情報企画担当課長
    岡本 千尋 氏

    詳細

セミナー詳細
対談:神奈川県×足立区 ~RPAを積極活用した自治体DXの最前線~
プロフィール
  • 東京会場
    自治体特別講演
    ~
    S3-4【パネルディスカッション】

    [パネラ] 東京都足立区
    政策経営部 ICT戦略推進 担当課長
    高橋 皇介 氏

    詳細

セミナー詳細
プロフィール
  • 東京会場
    自治体特別講演
    ~
    S3-4【パネルディスカッション】

    [パネラ] 東京都足立区
    政策経営部 ICT戦略推進 課長補佐
    湯本 要 氏

    詳細

セミナー詳細
プロフィール
  • 東京会場
    自治体特別講演
    2022-06-17 14:30 ~ 15:00
    S3-5今取り組むべき自治体DXとは~つくば市DX全庁展開成功の秘訣を紹介~

    茨城県つくば市
    政策イノベーション部情報政策課 係長
    三輪 修平 氏

    詳細

セミナー詳細
今取り組むべき自治体DXとは~つくば市DX全庁展開成功の秘訣を紹介~
プロフィール
つくば市政策イノベーション部情報政策課係長
2007年つくば市役所入庁。資産税課、IT戦略室、市民税課、情報政策課、ワークライフバランス推進課を経て、2022年より組織改編により現職。2017年度のRPAの共同研究を担当して以降、ICTを用いた業務改善を主軸として、庁内の働き方改革に携わるほか、170以上の国と地方自治体等の視察対応、30回以上の講演を通じてつくばでの経験を伝えている。
  • 東京会場
    自治体特別講演
    2022-06-17 15:30 ~ 16:00
    S3-6一歩先行く自治体DX ~県内全市町と連携する「チーム愛媛」の取組み~

    愛媛県
    企画振興部デジタル戦略局長(愛媛県・市町DX推進会議議長)
    山名 富士 氏

    詳細

セミナー詳細
一歩先行く自治体DX ~県内全市町と連携する「チーム愛媛」の取組み~
プロフィール
2021年4月~       現職
2020年4月~2021年3月 公営企業局県立病院課長
2019年4月~2020年3月 スポーツ文化部地域スポーツ課長
2017年4月~2019年3月 経済労働部観光物産課長
2015年4月~2017年3月 東予地方局今治支局総務県民室長
1992年4月~       愛媛県庁に入庁
  • 大阪会場
    自治体特別講演
    2022-06-23 11:30 ~ 12:00
    T1-2一歩先行く自治体DX ~県内全市町と連携する「チーム愛媛」の取組み~

    愛媛県
    企画振興部デジタル戦略局長(愛媛県・市町DX推進会議議長)
    山名 富士 氏

    詳細

セミナー詳細
一歩先行く自治体DX ~県内全市町と連携する「チーム愛媛」の取組み~
プロフィール
  • 大阪会場
    自治体特別講演
    2022-06-23 12:30 ~ 13:00
    T1-3なぜ今DXなのか~神戸市のDX推進の背景~

    兵庫県神戸市
    企画調整局 デジタル戦略部長
    森 浩三 氏

    詳細

セミナー詳細
なぜ今DXなのか~神戸市のDX推進の背景~
神戸市は平成29年から「働き方改革」を推進し、スマートで働きやすい職場とスマートで優しい市民サービスの両立を目指している。他の自治体に先駆けて、在宅勤務やテレワーク、ペーパーレスやチャットツールの導入、スタートアップとの連携などDXを推進してきた神戸市が会得したDXの本質と、その先にある新たな目標についてお話しする。
プロフィール
愛知県出身
1994(平成6)年 神戸市入庁、民生局同和対策室配属(人権関係)
1995(平成7)年 阪神・淡路大震災(災害復旧関係)
1997(平成9)年 総務局庶務課(局庶務)
1999(平成11)年 理財局財務課(予算編成・行財政改善)
2005(平成17)年 産業振興局企業立地課(企業誘致・分譲地営業)
2012(平成24)年 長田区保護課(生活保護・ケースワーカーのマネジメント)
2013(平成25)年 企画調整局情報化戦略部(現 デジタル戦略部)
  (マイナンバー・ICT利活用・DX、システム・セキュリティの責任者)
  • 大阪会場
    自治体特別講演
    2022-06-24 11:30 ~ 12:00
    T2-2町DXの始め方とこれから~行政改革・DXガイドライン・公民連携~

    静岡県駿東郡小山町
    企画政策課副主任
    菅野 桂太 氏

    詳細

セミナー詳細
町DXの始め方とこれから~行政改革・DXガイドライン・公民連携~
プロフィール
  • 大阪会場
    自治体特別講演
    2022-06-24 12:30 ~ 13:00
    T2-3【Zoom 中継】塩尻市におけるDXの取組 ~行政DXと地域DX、DX人材育成への取組~

    長野県塩尻市
    企画政策部参事 兼 最高デジタル責任者
    小澤 光興 氏

    詳細

セミナー詳細
【Zoom 中継】塩尻市におけるDXの取組 ~行政DXと地域DX、DX人材育成への取組~
塩尻市におけるDX戦略では、行政DXと地域DXという二本立ての戦略を策定し、地域住民の満足度向上を掲げて、DXの推進を実施している。
また「全職員がDXを理解して推進すべく」、人事担当者がKDDI社の協力を得て、全職員を対象としたDX人材育成に取り組んでいる。
プロフィール
昭和59年塩尻市役所入庁。約25年間情報推進部門を経験後
現職にて庁内DX、地域DXの推進に従事。
また、県のDX戦略にも関わり県内のDX推進にも参画。
  • 大阪会場
    自治体特別講演
    2022-06-24 13:30 ~ 14:00
    T2-4デジタルガバメント推進における横須賀市の取り組み~デジタル業務改革による効率的な行政運営を目指す~

    神奈川県横須賀市
    経営企画部デジタル・ガバメント推進室 室長
    寒川 孝之 氏

    詳細

セミナー詳細
デジタルガバメント推進における横須賀市の取り組み~デジタル業務改革による効率的な行政運営を目指す~
DX推進における横須賀市の取り組み
人口減少により当然職員数も減少することから、現在の行政サービスレベルを維持する事が難しくなるのは明らかです。
公務員は実直ですので、淡々と業務をこなしていますが、今、業務手順を見直さないと少ない職員数でこれからの将来は対応できません。
なぜ、横須賀市がDXを推進するのか、また、DX推進に庁内の理解が得られない等の課題やDX推進で何を目指しているのかを含め、取り組みの内容をお話しします。
プロフィール
窓口・福祉部門を経て2001年に情報政策課(情報システム部門)へ配属。
ICカードによるまちづくり実証実験「IT装備都市研究事業」、「電源地域情報化推進モデル事業」を担当。2005年には、横須賀市コールセンターを開設。
その後、企画部門に異動し、横須賀市新港地区交流拠点への国等の合同庁舎移転や地方再生コンパクトシティのモデル都市申請、大規模土地利用によるまちづくり事業に従事。その他、オリンピック関連業務として、イスラエル柔道チームの事前キャンプ誘致・イスラエルのホストタウン申請を担当。
2020年4月、横須賀市経営企画部デジタル・ガバメント推進室長に就任。
  • 大阪会場
    自治体特別講演
    2022-06-24 14:30 ~ 15:00
    T2-5今取り組むべき自治体DXとは~つくば市DX全庁展開成功の秘訣を紹介~

    茨城県つくば市
    政策イノベーション部情報政策課 係長
    三輪 修平 氏

    詳細

セミナー詳細
今取り組むべき自治体DXとは~つくば市DX全庁展開成功の秘訣を紹介~
プロフィール
つくば市政策イノベーション部情報政策課係長
2007年つくば市役所入庁。資産税課、IT戦略室、市民税課、情報政策課、ワークライフバランス推進課を経て、2022年より組織改編により現職。2017年度のRPAの共同研究を担当して以降、ICTを用いた業務改善を主軸として、庁内の働き方改革に携わるほか、170以上の国と地方自治体等の視察対応、30回以上の講演を通じてつくばでの経験を伝えている。

特別講演業界を牽引する識者が連日登壇

  • 東京会場
    特別講演
    2022-06-16 10:30 ~ 11:15
    F3-1日本DX大賞主催者が語る日本のDXの現状と推進のポイント

    (一社)日本デジタルトランスフォーメーション推進協会
    代表理事
    森戸 裕一 氏

    詳細

セミナー詳細
日本DX大賞主催者が語る日本のDXの現状と推進のポイント
行政機関、民間機関、支援機関それぞれから応募のあった日本DX大賞の事例から見えてきた傾向をもとに日本のDXの現状と推進のポイントについて解説いたします。
プロフィール
2002年に創業。企業や自治体主催の基調講演やセミナー、社員研修など、年間200回を超えるオファーで、創業以来3000回以上の登壇実績を更新中。近年は、働き方改革・ワークスタイル変革、IoT・AI・ビッグデータ、地方創生、コミュニティづくりとコミュニティシップ、新規事業立ち上げをキーワードにした登壇依頼が殺到している。2016年から総務省地域情報化アドバイザー、2017年から内閣官房シェアリングエコノミー伝道師としても活動し、地域/企業のDX支援、次世代人材育成支援、地方創生プロデュース等、専門分野の幅をさらに広げる。著書に、[人と組織が動く中小企業のIT経営(日経BP社)][変われる会社の条件 変われない会社の弱点 (ワークスタイル変革実践講座(NextPublishing)) ]がある。
  • 東京会場
    特別講演
    2022-06-16 13:20 ~ 14:05
    F3-4中堅・中小企業はどのようにDXを推進すべきか? ~中小企業だからこそできる、新たな価値創造~

    アスナビス(株) 代表取締役社長
    (株)アイクス 代表取締役CEO
    高橋 優太 氏

    詳細

セミナー詳細
中堅・中小企業はどのようにDXを推進すべきか? ~中小企業だからこそできる、新たな価値創造~
今やあらゆる業界において、デジタルの波が押し寄せており、もはや企業規模に関わらず、DX推進が必要とされています。しかしながら、DXの進め方に不明点が多く、さらに中堅・中小企業においては資金面や人材面など、様々な制約が存在しており、DXを成し遂げるには高いハードルが存在します。
今回の講演では、そのようなハードルをどのように乗り越え、DXを推進すべきか事例も交えながら
お話させて頂きます。
プロフィール
コンサルファームなどにおいて大企業から中小企業まで、20を超える業種のDX推進を実施。
大企業中心でDXが展開されている現状を打破すべく、中堅・中小企業に特化したDX推進を手掛けるアスナビス株式会社を設立し、代表取締役社長を務めている。
また、筑波大学発ベンチャーとなる株式会社アイクスの代表取締役CEOも務め、社会課題を解決するための最新デジタル技術を軸としたシステム開発にも着手している。
各社代表でありながら、自身がDX推進者でもあり、デジタル分野における研究・開発者としても活動を展開。
  • 東京会場
    特別講演
    2022-06-16 15:30 ~ 16:15
    F3-6中小企業のDX と情報マネジメント ~デジタル時代を勝ち抜くDXの要諦と情報マネジメント~

    (公社)日本文書情報マネジメント協会
    理事長
    勝丸 泰志 氏

    詳細

セミナー詳細
中小企業のDX と情報マネジメント ~デジタル時代を勝ち抜くDXの要諦と情報マネジメント~
企業は力を入れてDXに取り組んでいますが、その歩みは決して速くはありません。
DXの推進が企業存続の条件のように言われますが、DXは方法論ではなく考え方でありD(デジタル化)よりもX(トランスフォーメーション)に意味があることが理解されていないからではないでしょうか。
DXは大企業だけではなく中小企業においても重要ですが、DXはむしろ中小企業の方が進めやすいと言われます。
データ・情報を活かしてDXを成し遂げている中小企業の事例から学びます。
プロフィール
1977年3月東京工業大学卒、2012年6月富士ゼロックス(現富士フイルムビジネスイノベーション)株式会社取締役常務執行役員就任、2013年10月公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(以下JIIMA)副理事長就任、2014年6月富士ゼロックスシステムサービス(現富士フイルムシステムサービス)株式会社代表取締役社長就任し2018年6月に退任、2019年2月JIIMA理事長に就任し現在に至る。デジタル化の進展によりコミュニケーションが容易になる反面、情報管理の高度化・複雑化に対応できず、企業が危機に直面することがないように、文書情報マネジメントの普及啓発を図っている。
  • 東京会場
    特別講演
    2022-06-17 10:30 ~ 11:15
    S3-1メタバースの現状と今後の展望

    KDDI(株) 事業創造本部 副本部長 兼 
    (一社)Metaverse Japan 理事
    中馬 和彦 氏

    詳細

セミナー詳細
メタバースの現状と今後の展望
プロフィール
  • 大阪会場
    特別講演
    2022-06-23 10:30 ~ 11:15
    T1-1メタバースの現状と今後の展望

    KDDI(株) 事業創造本部 副本部長 兼 
    (一社)Metaverse Japan 理事
    中馬 和彦 氏

    詳細

セミナー詳細
メタバースの現状と今後の展望
プロフィール
  • 大阪会場
    特別講演
    2022-06-23 13:30 ~ 14:15
    T1-4中堅・中小企業はどのようにDXを推進すべきか? ~中小企業だからこそできる、新たな価値創造~

    アスナビス(株) 代表取締役社長
    (株)アイクス 代表取締役CEO
    高橋 優太 氏

    詳細

セミナー詳細
中堅・中小企業はどのようにDXを推進すべきか? ~中小企業だからこそできる、新たな価値創造~
今やあらゆる業界において、デジタルの波が押し寄せており、もはや企業規模に関わらず、DX推進が必要とされています。しかしながら、DXの進め方に不明点が多く、さらに中堅・中小企業においては資金面や人材面など、様々な制約が存在しており、DXを成し遂げるには高いハードルが存在します。
今回の講演では、そのようなハードルをどのように乗り越え、DXを推進すべきか事例も交えながら
お話させて頂きます。
プロフィール
コンサルファームなどにおいて大企業から中小企業まで、20を超える業種のDX推進を実施。
大企業中心でDXが展開されている現状を打破すべく、中堅・中小企業に特化したDX推進を手掛けるアスナビス株式会社を設立し、代表取締役社長を務めている。
また、筑波大学発ベンチャーとなる株式会社アイクスの代表取締役CEOも務め、社会課題を解決するための最新デジタル技術を軸としたシステム開発にも着手している。
各社代表でありながら、自身がDX推進者でもあり、デジタル分野における研究・開発者としても活動を展開。
  • 大阪会場
    特別講演
    2022-06-23 15:30 ~ 16:15
    T1-6中小企業のDX と情報マネジメント ~デジタル時代を勝ち抜くDXの要諦と情報マネジメント~

    (公社)日本文書情報マネジメント協会
    理事長
    勝丸 泰志 氏

    詳細

セミナー詳細
中小企業のDX と情報マネジメント ~デジタル時代を勝ち抜くDXの要諦と情報マネジメント~
企業は力を入れてDXに取り組んでいますが、その歩みは決して速くはありません。
DXの推進が企業存続の条件のように言われますが、DXは方法論ではなく考え方でありD(デジタル化)よりもX(トランスフォーメーション)に意味があることが理解されていないからではないでしょうか。
DXは大企業だけではなく中小企業においても重要ですが、DXはむしろ中小企業の方が進めやすいと言われます。
データ・情報を活かしてDXを成し遂げている中小企業の事例から学びます。
プロフィール
1977年3月東京工業大学卒、2012年6月富士ゼロックス(現富士フイルムビジネスイノベーション)株式会社取締役常務執行役員就任、2013年10月公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(以下JIIMA)副理事長就任、2014年6月富士ゼロックスシステムサービス(現富士フイルムシステムサービス)株式会社代表取締役社長就任し2018年6月に退任、2019年2月JIIMA理事長に就任し現在に至る。デジタル化の進展によりコミュニケーションが容易になる反面、情報管理の高度化・複雑化に対応できず、企業が危機に直面することがないように、文書情報マネジメントの普及啓発を図っている。
  • 大阪会場
    特別講演
    2022-06-24 10:30 ~ 11:15
    T2-1日本DX大賞主催者が語る日本のDXの現状と推進のポイント

    (一社)日本デジタルトランスフォーメーション推進協会
    代表理事
    森戸 裕一 氏

    詳細

セミナー詳細
日本DX大賞主催者が語る日本のDXの現状と推進のポイント
行政機関、民間機関、支援機関それぞれから応募のあった日本DX大賞の事例から見えてきた傾向をもとに日本のDXの現状と推進のポイントについて解説いたします。
プロフィール
2002年に創業。企業や自治体主催の基調講演やセミナー、社員研修など、年間200回を超えるオファーで、創業以来3000回以上の登壇実績を更新中。近年は、働き方改革・ワークスタイル変革、IoT・AI・ビッグデータ、地方創生、コミュニティづくりとコミュニティシップ、新規事業立ち上げをキーワードにした登壇依頼が殺到している。2016年から総務省地域情報化アドバイザー、2017年から内閣官房シェアリングエコノミー伝道師としても活動し、地域/企業のDX支援、次世代人材育成支援、地方創生プロデュース等、専門分野の幅をさらに広げる。著書に、[人と組織が動く中小企業のIT経営(日経BP社)][変われる会社の条件 変われない会社の弱点 (ワークスタイル変革実践講座(NextPublishing)) ]がある。

専門セミナー出展各社のソリューションや導入事例を紹介

  • 専門セミナーは、展示会にご来場いただいた皆様、どなたでもご聴講いただけます。ご聴講なさりたいセッション日時に、「専門セミナー会場」にお越しください。
  • オンライン展示会でアーカイブされないセミナーもございます。
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-16 10:40 ~ 11:10
    B1-1【DXはじめの一歩】 ローコード開発と内製化で実現する業務効率化

    Claris International Inc.
    Claris 法人営業本部 セールスエンジニアリング マネージャ
    森本 和明 氏

    詳細

セミナー詳細
【DXはじめの一歩】 ローコード開発と内製化で実現する業務効率化
今、DX 実現の鍵を握る取り組みとしてローコード開発が注目されています。特別なスキルを有するエンジニアだけでなく、現場の業務部門が主体となりデジタル化を実現していくローコード開発は企業の新しい IT の形になりつつあります。このセッションでは30年以上に渡って進化してきたローコード開発プラットフォーム「Claris FileMaker」について、わかりやすいデモをご覧いただきながらローコード開発についての理解を深めていただきます。
プロフィール
国内大手電機メーカーでサーバ向けソフトウェアの海外事業を担当した後、旧ファイルメーカー株式会社(現Claris)に入社。積極的にパートナー企業とのアライアンス展開を手がける他、セールスエンジニアリング マネージャとして直接顧客の課題を聞きき、「Claris FileMaker」および「Claris Connect」による解決策の提案を手がける。セミナーやイベントを通して、Clarisのテクノロジー、Claris プラットフォームのエバンジェリスト活動にも従事。
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-16 11:30 ~ 12:00
    B1-2営業DXの基本はメール活用!失注・休眠顧客から商談獲得する方法

    (株)ラクス
    クラウド事業本部 配配メール事業部 企画課
    宮坂 夏生 氏

    詳細

セミナー詳細
営業DXの基本はメール活用!失注・休眠顧客から商談獲得する方法
近年、BtoBビジネスにおける営業活動で圧倒的な需要の高まりを見せるのが「メールDM」。
テレアポや各種DMと比較しても、手軽に実施ができ、費用も少なく済むのが大きな理由です。

しかし、メールDMにおいて、「誰にどのような内容を送ればよいのか?」に悩まれる企業様も多いです。
そこで本セミナーでは、弊社で実際に商談獲得に繋がっているメール文面や
どのようなコンテンツを配信すればよいのか等、弊社が日頃お客様に個別提案している内容をご紹介します。
プロフィール
2016年 株式会社ラクスに新卒入社。
年間300社へ電話・メールのみでメールマーケティングを提案し、担当エリアの受注率を5倍に向上。
2019年に企画へ異動し、セミナー・展示会等のオフライン施策を担当。
昨年度はイベントのオンライン開催と講師育成に注力し、獲得リード数と講師数を4倍に増やす。
傍ら、メールマーケティングエバンジェリストとして社内外にメールマーケティングの利活用を広めている。
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-16 12:20 ~ 12:50
    B1-3300団体ご利用中!本当に効果の出るRPA×AI-OCR事例をご紹介!

    (株)エヌ・ティ・ティ・データ
    社会基盤ソリューション事業本部 ソーシャルイノベーション事業部 RPAソリューション担当 主任
    若月 沙耶香 氏

    詳細

セミナー詳細
300団体ご利用中!本当に効果の出るRPA×AI-OCR事例をご紹介!
自治体DX推進計画の重点取り組み事項”AI・RPAの利用”の進め方にお困りではないでしょうか?
AI-OCRとRPAがセットで利用できる「NaNaTsu」を複数部署でシェアして利用することで、誰でも簡単にDX全庁展開することが出来ます!
導入300団体様の最新活用事例や実演デモを交えて「データ入力/転記業務」など定型業務で圧迫している残業時間を削減する方法をお伝えいたします。
プロフィール
NTTデータ入社後、DX商材を提供するECサイト「DXマーケットプレイス」や
自治体向けに提供している「スマート自治体プラットフォームNaNaTsu?」及び「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」
のプロダクトオーナーとして企画~営業を担当。
現在はRPAを複数の拠点・端末での共同利用を可能にする「OnRPA?」のプロダクトオーナも担当
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-16 13:10 ~ 13:40
    B1-4【DX事例】ローコード開発における緊急時のシステム開発とデータ活用事例

    (株)ジュッポーワークス
    営業企画部
    車田 和則 氏

    詳細

セミナー詳細
【DX事例】ローコード開発における緊急時のシステム開発とデータ活用事例
2020年2月、新型コロナウィルス(COVID-19)が国内で確認され、対応可能な全国の集中治療部門のリソースを把握するとともに、症例の情報共有が急務となりました。
このような急を要するシステム開発事例を、開発手法や開発期間、また収集されたデータがどのように活用されているかを含めて紹介します。
プロフィール
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-16 14:00 ~ 14:30
    B1-5ポストコロナでの変化! リモートワークでのPC利用の課題解決

    (株)ZenmuTech
    営業部長
    岡田 昌徳 氏

    詳細

セミナー詳細
ポストコロナでの変化! リモートワークでのPC利用の課題解決
長期間に渡るコロナ対策により、企業の在宅を含むリモートワークの概念が大きく変わり、コロナ以前と大きくリモートワークの課題も変容しました。
コロナがある一定の終息をむかえる中、今後も見据えた企業のPC対策についても別の形が見えてきています。
本セッションでは実事例をもとに企業のPC利用に抱える課題、そしてその解決策について一つの方向性をお話します。
プロフィール
大手パッケージベンダーにてセキュリティ、仮想化のビジネスにそれぞれ10年従事、その経験を活かし、ZenmuTechにて営業責任者として、大手企業のソリューション導入に携わっており、インフラ系、金融、製造など、多種多様な大企業の課題解決とソリューション導入のプロジェクトより、課題点の抽出・整理、解決に導くプロジェクトの進行について生きた経験をお話します。
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-16 14:50 ~ 15:20
    B1-6ワークプレイスの変遷と、データ分析を通したこれからの最適なオフィス改革

    (株)ヴィス
    常務取締役 デザイナーズオフィス事業本部 本部長
    金谷 智浩 氏

    詳細

セミナー詳細
ワークプレイスの変遷と、データ分析を通したこれからの最適なオフィス改革
働き方が多様化するなか、生産性を高めながらオフィスやワークプレイスを維持する方法について、多くの企業が模索を続けています。オフィスは、働く人それぞれの業務内容や役割を軸に働き方を考える「Work Place 4.0」へ変化しています。オフィスや働き方の最適解は、企業ごとに異なります。本セミナーでは、ワークプレイスの変遷とその考え方、オフィスの現状把握のためのデータ分析、将来の可能性について仮説構築を行う方法をお話します。
プロフィール
1976年大阪府生まれ。1999年関西学院大学社会学部卒業。東証一部上場企業にて広告企画および HR 企画営業を経験ののち、2004年デザイナーズオフィス事業立ち上げに際し株式会社ヴィス入社。プロジェクトマネージャーとしてベンチャー企業から大企業まで数多くのオフィスを手掛けるとともに、新卒採用構築や広報・WEBマーケティング責任者として幅広い業務に対応。2015年より現職。2022年より株式会社ワークデザインテクノロジーズ代表取締役社長を兼任。
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-16 15:40 ~ 16:10
    B1-7自治体のDX推進で注意すべきセキュリティのポイントとは

    サイエンスパーク(株)
    セキュリティビジネス営業課 リーダー
    小野 亮太 氏

    詳細

セミナー詳細
自治体のDX推進で注意すべきセキュリティのポイントとは
民間企業だけではなく、官公庁でもクラウドサービスの利用が活発になっています。
その背景には、DX推進によるテレワークやペーパーレス化が目的としてありますが、クラウドサービスの利便性向上と併せてセキュリティの両立も検討が必要です。
弊社のセミナーではゲストをお迎えして、総務省のガイドラインに従ったセキュリティ対策について考慮しなければならいポイントを説明していただきます。
プロフィール
新卒でサイエンスパークへ入社。
サイエンスパークでは、エンジニアリングソフトウェア開発や品質管理の業務に従事。その後、セキュリティ製品の企画部門を経て2020年より営業部門のリーダーに就任。
開発で培った知識をベースに、顧客への提案を得意とする。民間企業だけではなく、中央省庁や地方自治体に対して、1万ライセンス以上の商談を複数経験。
その経験から既製品の提案に拘らず中央省庁や地方自治体、パートナー企業が困っていることを運用や既存業務への負担を考慮が必要と考えている。
大分県出身。2児の父。
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-17 10:40 ~ 11:10
    B2-1【Zoom社登壇!】ハイブリッドワークで成果を上げるためのデジタルツール活用方法の紹介

    日商エレクトロニクス(株)
    コラボレーション事業部
    竹内 祐貴 氏

    詳細

セミナー詳細
【Zoom社登壇!】ハイブリッドワークで成果を上げるためのデジタルツール活用方法の紹介
ハイブリッドワークを行う上で欠かせない各種デジタルツールの活用方法を当社事例を通して紹介をします。
また、その中でも特に導入メリットが大きかった Zoom Phone(クラウド電話サービス)について Zoomのプロフェッショナルからデモを交えてご紹介します。
プロフィール
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-17 11:30 ~ 12:00
    B2-2千葉県、山梨県におけるコロナ関係業務の効率化事例

    (株)イエスウィキャン
    システムコーディネーター
    佐々木 華子 氏

    詳細

セミナー詳細
千葉県、山梨県におけるコロナ関係業務の効率化事例
県の職員が自らの手でシステムを構築し、約3ヶ月で導入稼働しました。
千葉県ではClaris FileMakerで通称「amabis」を開発し、現在も業務に合わせた改修を続けています。
山梨県では千葉県のamabisをベースにシステムを改修し、それまでFileMaker を触ったことがない職員がたった2ヶ月でシステムを改修しています。

セミナーでは、短期間で開発導入が実現できたポイントなどをご紹介します。
プロフィール
システムコーディネーター部門に所属。
業務内容は、Claris FileMakerプラットフォームでの開発・改修・講習等に関する営業活動が中心で、その他にもお客様サポートやClaris FileMaker関連のセミナー講師、ブログの執筆等も行っております。
以下のような業界のお客様のサポートの実績がございます。
・リハビリテーション施設(電子カルテの開発)
・電力機器のメーカー(見積書管理システムの開発)
・税理士事務所(顧客管理システムの改修)
・鍵、錠前の総合メーカー(開発ルールに関する講習)
・映像制作会社(案件管理システムの改修) 他
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-17 12:20 ~ 12:50
    B2-3テレワーク・フリーアドレスがうまくいく在席管理の実践

    (株)アスマーク
    経営企画部Humap事業G マネージャー
    奥津 直樹 氏

    詳細

セミナー詳細
テレワーク・フリーアドレスがうまくいく在席管理の実践
働き方が多様化したことにより、こんなお悩みが浮き彫りになってきていませんか?
「テレワークやフリーアドレスで誰が会社にいるかわからない」「誰がどこにいるのかわからず、電話の取次ぎが大変」「いちいちホワイトボードまで行かないと、帰社時間がわからない」など。

本セミナーでは、テレワーク・フリーアドレス成功ポイントの1つとして、在席管理ツールの重要性と活用方法について解説します。
どのようにしてコミュニケーションの無駄を削減し、業務の効率化を図るのか。

仕事が依頼しやすくなり、離れていても一緒に仕事をしているような感覚が持てたり、
声かけの不安など余計なストレスを減らすことができたり、心理的安全性が保たれた環境をどう生み出すのか。
事例を交えてご紹介させていただきます。ぜひ、お気軽にご参加ください。
プロフィール
新卒にて大手旅行代理店で法人営業を経験後、2015年中途入社。
マーケティングリサーチの営業社員として主に⾷品・出版・通信業界などの顧客層の方へ向け、ニーズに合わせた調査⽅法を提案・企画。
入社3年目からはプレイングマネジャーとなり、主に事業会社を担当するチームの立ち上げからマネジメント等を行う傍ら、RPAやHRTech領域への新規事業立案と推進を兼務。

2020年6月からは新規事業チームを新設し、Humap(ヒューマップ)事業グループのマネジャーとして活動中。
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-17 13:10 ~ 13:40
    B2-4DX時代におけるClaris FileMakerデータからのAI分析

    (株)テクニカル・ユニオン
    代表取締役社長
    戸倉 正貴 氏

    詳細

セミナー詳細
DX時代におけるClaris FileMakerデータからのAI分析
AIをテーマにFileMakerとPythonを組み合わせた分析について事例、デモを含めてご紹介します。
また、弊社がご提供するサービス、FMホスティングサービスについてもご紹介させて頂きます。
プロフィール
1996年3月 信州大学経済学部経済学科 卒業
1997年4月 株式会社テクニカル·ユニオン 入社
2005年 NPO法人ビジネス情報教育協議会 設立
2010年4月 横浜商科大学 経営情報学科 講師就任
2010年7月 株式会社テクニカル·ユニオン 代表取締役社長 就任
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-17 14:00 ~ 14:30
    B2-5サイバー攻撃の脅威からホームページを守るために何をすればよいか

    デジタル・インフォメーション・テクノロジー(株)
    プロダクトソリューション本部 新商品開発室 室長
    前田 大輔 氏

    詳細

セミナー詳細
サイバー攻撃の脅威からホームページを守るために何をすればよいか
WEBサイトに必要な様々な役割の中で忘れられがちなのが「セキュリティ」。どんなに魅力的な「情報満載のお役立ちサイト」を構築しても、セキュリティ対策ができていないために情報漏えい/サービスの停止というトラブルが発生する。自治体・公共団体のイメージには大きな損失だ。本セミナーでは、そうならないために情報漏えいや不正アクセス、脆弱性に不安を感じているWEBサイトご担当者様が行うべきセキュリティ対策とそれが実現できるCMSを紹介します。
プロフィール
大学で認知科学・人工知能を専攻し、その後長年にわたり幅広い分野(制御系、業務系、インフラ系、WEB系(主に企業のWebサイトおよびWebアプリケーション)、セキュリティ系、ITコンサルタント、AI研究・開発)に携わり知識の幅を広げる、現在は、同社の新商品開発室責任者として、多様な経験を自社製品の開発に活かしている。「shield cms」は、2022年1月に販売を開始したサービス。猛威を振るうサイバー攻撃の脅威から企業の情報を守りたいという思いで、社内のセキュリティチームと共同で開発した。
  • 東京会場
    専門セミナー
    2022-06-17 14:50 ~ 15:20
    B2-6官公庁・地方公共団体様向け! 電子契約の仕組みと利用方法を徹底解説!

    (株)ワンビシアーカイブズ
    プラットフォーム企画推進室WAN-Sign事業推進グループ 副参事
    鈴木 秀国 氏

    詳細

セミナー詳細
官公庁・地方公共団体様向け! 電子契約の仕組みと利用方法を徹底解説!
政府から発信された「脱ハンコ」の推進を受け、電子行政化・行政デジタルガバメント推進へのニーズは一層の高まりを示しております。しかし、「電子契約を導入したいが何から始めるべきか分からない」、「機密情報の取り扱いが不安」というような課題を抱える方が多いのではないでしょうか?本セミナーでは、脱ハンコソリューションとして注目されている電子契約サービス「WAN-Sign」を通じて電子契約の仕組みや押さえておくべき法制度など、役立つ情報をご紹介いたします。
プロフィール
1991年入社、1993年から23年間官公庁営業部に所属し、中央省庁や地方公共団体、各法人のBCP対策やデジタル化提案に携わる。
2017年に金融機関専門の営業組織へ異動、銀行や証券会社などの経営層を中心にデジタル化による業務効率化・ペーパーレス化・コスト削減提案を行う。
2019年にリリースした電子契約サービス「WAN-Sign」を某銀行に導入。電子署名化だけでなく、数万件の書面契約書のPDF化、原本保管、適切な契約更新管理、書面と電子の契約書一元管理などを全部署へ展開する。
2020年に現部署へ異動、国・地方公共団体・金融機関を中心に電子契約導入提案を行う。
2022年、経済産業省のグレーゾーン制度を活用して、WAN-Signの電子署名が電子署名法第2条第1項に定める電子署名に該当し、国・地方公共団体の電子契約書の記名押印に利用できる適法性を確認する。
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-23 10:40 ~ 11:10
    M1-1【DXはじめの一歩】 ローコード開発と内製化で実現する業務効率化

    Claris International Inc.
    Claris 法人営業本部 セールスエンジニアリング マネージャ
    森本 和明 氏

    詳細

セミナー詳細
【DXはじめの一歩】 ローコード開発と内製化で実現する業務効率化
今、DX 実現の鍵を握る取り組みとしてローコード開発が注目されています。特別なスキルを有するエンジニアだけでなく、現場の業務部門が主体となりデジタル化を実現していくローコード開発は企業の新しい IT の形になりつつあります。このセッションでは30年以上に渡って進化してきたローコード開発プラットフォーム「Claris FileMaker」について、わかりやすいデモをご覧いただきながらローコード開発についての理解を深めていただきます。
プロフィール
国内大手電機メーカーでサーバ向けソフトウェアの海外事業を担当した後、旧ファイルメーカー株式会社(現Claris)に入社。積極的にパートナー企業とのアライアンス展開を手がける他、セールスエンジニアリング マネージャとして直接顧客の課題を聞きき、「Claris FileMaker」および「Claris Connect」による解決策の提案を手がける。セミナーやイベントを通して、Clarisのテクノロジー、Claris プラットフォームのエバンジェリスト活動にも従事。
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-23 11:30 ~ 12:00
    M1-2【Zoom社登壇!】ハイブリッドワークで成果を上げるためのデジタルツール活用方法の紹介

    日商エレクトロニクス(株)
    コラボレーション事業部
    竹内 祐貴 氏

    詳細

セミナー詳細
【Zoom社登壇!】ハイブリッドワークで成果を上げるためのデジタルツール活用方法の紹介
ハイブリッドワークを行う上で欠かせない各種デジタルツールの活用方法を当社事例を通して紹介をします。
また、その中でも特に導入メリットが大きかった Zoom Phone(クラウド電話サービス)について Zoomのプロフェッショナルからデモを交えてご紹介します。
プロフィール
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-23 12:20 ~ 12:50
    M1-3DX時代におけるClaris FileMakerデータからのAI分析

    (株)テクニカル・ユニオン
    代表取締役社長
    戸倉 正貴 氏

    詳細

セミナー詳細
DX時代におけるClaris FileMakerデータからのAI分析
AIをテーマにFileMakerとPythonを組み合わせた分析について事例、デモを含めてご紹介します。
また、弊社がご提供するサービス、FMホスティングサービスについてもご紹介させて頂きます。
プロフィール
1996年3月 信州大学経済学部経済学科 卒業
1997年4月 株式会社テクニカル·ユニオン 入社
2005年 NPO法人ビジネス情報教育協議会 設立
2010年4月 横浜商科大学 経営情報学科 講師就任
2010年7月 株式会社テクニカル·ユニオン 代表取締役社長 就任
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-23 13:10 ~ 13:40
    M1-4サイバー攻撃の脅威からホームページを守るために何をすればよいか

    デジタル・インフォメーション・テクノロジー(株)
    プロダクトソリューション本部 新商品開発室 室長
    前田 大輔 氏

    詳細

セミナー詳細
サイバー攻撃の脅威からホームページを守るために何をすればよいか
WEBサイトに必要な様々な役割の中で忘れられがちなのが「セキュリティ」。どんなに魅力的な「情報満載のお役立ちサイト」を構築しても、セキュリティ対策ができていないために情報漏えい/サービスの停止というトラブルが発生する。自治体・公共団体のイメージには大きな損失だ。本セミナーでは、そうならないために情報漏えいや不正アクセス、脆弱性に不安を感じているWEBサイトご担当者様が行うべきセキュリティ対策とそれが実現できるCMSを紹介します。
プロフィール
大学で認知科学・人工知能を専攻し、その後長年にわたり幅広い分野(制御系、業務系、インフラ系、WEB系(主に企業のWebサイトおよびWebアプリケーション)、セキュリティ系、ITコンサルタント、AI研究・開発)に携わり知識の幅を広げる、現在は、同社の新商品開発室責任者として、多様な経験を自社製品の開発に活かしている。「shield cms」は、2022年1月に販売を開始したサービス。猛威を振るうサイバー攻撃の脅威から企業の情報を守りたいという思いで、社内のセキュリティチームと共同で開発した。
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-23 14:00 ~ 14:30
    M1-5官公庁・地方公共団体様向け! 電子契約の仕組みと利用方法を徹底解説!

    (株)ワンビシアーカイブズ
    プラットフォーム企画推進室WAN-Sign事業推進グループ 副参事
    鈴木 秀国 氏

    詳細

セミナー詳細
官公庁・地方公共団体様向け! 電子契約の仕組みと利用方法を徹底解説!
政府から発信された「脱ハンコ」の推進を受け、電子行政化・行政デジタルガバメント推進へのニーズは一層の高まりを示しております。しかし、「電子契約を導入したいが何から始めるべきか分からない」、「機密情報の取り扱いが不安」というような課題を抱える方が多いのではないでしょうか?本セミナーでは、脱ハンコソリューションとして注目されている電子契約サービス「WAN-Sign」を通じて電子契約の仕組みや押さえておくべき法制度など、役立つ情報をご紹介いたします。
プロフィール
1991年入社、1993年から23年間官公庁営業部に所属し、中央省庁や地方公共団体、各法人のBCP対策やデジタル化提案に携わる。
2017年に金融機関専門の営業組織へ異動、銀行や証券会社などの経営層を中心にデジタル化による業務効率化・ペーパーレス化・コスト削減提案を行う。
2019年にリリースした電子契約サービス「WAN-Sign」を某銀行に導入。電子署名化だけでなく、数万件の書面契約書のPDF化、原本保管、適切な契約更新管理、書面と電子の契約書一元管理などを全部署へ展開する。
2020年に現部署へ異動、国・地方公共団体・金融機関を中心に電子契約導入提案を行う。
2022年、経済産業省のグレーゾーン制度を活用して、WAN-Signの電子署名が電子署名法第2条第1項に定める電子署名に該当し、国・地方公共団体の電子契約書の記名押印に利用できる適法性を確認する。
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-23 14:50 ~ 15:20
    M1-6クラウドストレージサービス利用時におけるセキュリティリスクへの対策

    サイエンスパーク(株)
    セキュリティビジネス営業課 リーダー
    小野 亮太 氏

    詳細

セミナー詳細
クラウドストレージサービス利用時におけるセキュリティリスクへの対策
民間企業に限らずクラウドサービスが官公庁での利用が、新型コロナウイルスの影響もあり増加しています。
クラウドサービスを官公庁で選定する際には、政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)に準拠しているものから選定されることが一般的かと思います。
しかし、クラウドストレージサービスを利用する際の"隙(セキュリティリスク)"が存在しています。
本セミナーでは、そのセキュリティリストのご紹介と対策を事例やデモを交えてご紹介いたします。
プロフィール
新卒でサイエンスパークへ入社。
サイエンスパークでは、エンジニアリングソフトウェア開発や品質管理の業務に従事。その後、セキュリティ製品の企画部門を経て2020年より営業部門のリーダーに就任。
開発で培った知識をベースに、顧客への提案を得意とする。民間企業だけではなく、中央省庁や地方自治体に対して、1万ライセンス以上の商談を複数経験。
その経験から既製品の提案に拘らず中央省庁や地方自治体、パートナー企業が困っていることを運用や既存業務への負担を考慮が必要と考えている。
大分県出身。2児の父。
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-24 10:40 ~ 11:10
    M2-1300団体ご利用中!本当に効果の出るRPA×AI-OCR事例をご紹介!

    (株)エヌ・ティ・ティ・データ
    社会基盤ソリューション事業本部 ソーシャルイノベーション事業部 RPAソリューション担当 主任
    若月 沙耶香 氏

    詳細

セミナー詳細
300団体ご利用中!本当に効果の出るRPA×AI-OCR事例をご紹介!
自治体DX推進計画の重点取り組み事項”AI・RPAの利用”の進め方にお困りではないでしょうか?
AI-OCRとRPAがセットで利用できる「NaNaTsu」を複数部署でシェアして利用することで、誰でも簡単にDX全庁展開することが出来ます!
導入300団体様の最新活用事例や実演デモを交えて「データ入力/転記業務」など定型業務で圧迫している残業時間を削減する方法をお伝えいたします。
プロフィール
NTTデータ入社後、DX商材を提供するECサイト「DXマーケットプレイス」や
自治体向けに提供している「スマート自治体プラットフォームNaNaTsu?」及び「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」
のプロダクトオーナーとして企画~営業を担当。
現在はRPAを複数の拠点・端末での共同利用を可能にする「OnRPA?」のプロダクトオーナも担当
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-24 11:30 ~ 12:00
    M2-2営業DXの基本はメール活用!失注・休眠顧客から商談獲得する方法

    (株)ラクス
    クラウド事業本部 西日本営業統括部 関西東海クラウド営業部 メールマーケティングコンサルタント
    岩根 皓 氏

    詳細

セミナー詳細
営業DXの基本はメール活用!失注・休眠顧客から商談獲得する方法
近年、BtoBビジネスにおける営業活動で圧倒的な需要の高まりを見せるのが「メールDM」。
テレアポや各種DMと比較しても、手軽に実施ができ、費用も少なく済むのが大きな理由です。

しかし、メールDMにおいて、「誰にどのような内容を送ればよいのか?」に悩まれる企業様も多いです。
そこで本セミナーでは、弊社で実際に商談獲得に繋がっているメール文面や
どのようなコンテンツを配信すればよいのか等、弊社が日頃お客様に個別提案している内容をご紹介します。
プロフィール
前職は大手鉄道会社の不動産領域で営業に従事。
その後株式会社ラクスに入社し、メールマーケティングサービス「配配メール」の営業を担当。
前職の経験を生かした高額商材を取り扱うB to B領域でメールマーケティングを活用した
顧客認知の浸透施策とお客様の営業プロセスに沿った運用設計の提案を得意とする。
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-24 12:20 ~ 12:50
    M2-3千葉県、山梨県におけるコロナ関係業務の効率化事例

    (株)イエスウィキャン
    システムコーディネーター
    佐々木 華子 氏

    詳細

セミナー詳細
千葉県、山梨県におけるコロナ関係業務の効率化事例
県の職員が自らの手でシステムを構築し、約3ヶ月で導入稼働しました。
千葉県ではClaris FileMakerで通称「amabis」を開発し、現在も業務に合わせた改修を続けています。
山梨県では千葉県のamabisをベースにシステムを改修し、それまでFileMaker を触ったことがない職員がたった2ヶ月でシステムを改修しています。

セミナーでは、短期間で開発導入が実現できたポイントなどをご紹介します。
プロフィール
システムコーディネーター部門に所属。
業務内容は、Claris FileMakerプラットフォームでの開発・改修・講習等に関する営業活動が中心で、その他にもお客様サポートやClaris FileMaker関連のセミナー講師、ブログの執筆等も行っております。
以下のような業界のお客様のサポートの実績がございます。
・リハビリテーション施設(電子カルテの開発)
・電力機器のメーカー(見積書管理システムの開発)
・税理士事務所(顧客管理システムの改修)
・鍵、錠前の総合メーカー(開発ルールに関する講習)
・映像制作会社(案件管理システムの改修) 他
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-24 13:10 ~ 13:40
    M2-4秘密分散技術を利用した情報の無意味化と 顔認証システムでの応用例ご紹介

    ネクストウェア(株)
    スマートビジネス営業本部スマートビジネス営業グループ
    浅堀 諒 氏

    詳細

セミナー詳細
秘密分散技術を利用した情報の無意味化と 顔認証システムでの応用例ご紹介
昨今、急速なテレワークの普及や個人の権利意識の高まり、技術革新、グローバル化への対応で
セキュリティ対策がより重要となっております。
今回ご紹介する「ZENMU」は、情報保護において非常に優れている秘密分散技術を用い
情報を無意味化するソリューションであり、ユーザーの利便性とセキュリティ対策を
同時に実現することが可能です。
また、当社の顔認証ソリューションと「ZENMU」を組み合わせた、
個人情報の機密性向上例をご紹介いたします。
プロフィール
2017年9月ネクストウェア株式会社に入社。
2018年2月~2022年3月までRPA営業Gに所属。
業種業界問わず50社以上の取引先向けにライセンスの販売から導入支援までRPA事業に従事。
また、約20社の2次特約店様のスタートアップ支援・営業支援活動といった特約店ビジネスも経験。  
2022年4月よりスマートビジネス営業本部に異動。
RPAに加え、顔認証ソリューション・ドローン・セキュリティ関連の幅広いDXソリューションの販売に従事している。
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-24 14:00 ~ 14:30
    M2-5テレワーク・フリーアドレスがうまくいく在席管理の実践

    (株)アスマーク
    経営企画部Humap事業G マネージャー
    奥津 直樹 氏

    詳細

セミナー詳細
テレワーク・フリーアドレスがうまくいく在席管理の実践
働き方が多様化したことにより、こんなお悩みが浮き彫りになってきていませんか?
「テレワークやフリーアドレスで誰が会社にいるかわからない」「誰がどこにいるのかわからず、電話の取次ぎが大変」「いちいちホワイトボードまで行かないと、帰社時間がわからない」など。

本セミナーでは、テレワーク・フリーアドレス成功ポイントの1つとして、在席管理ツールの重要性と活用方法について解説します。
どのようにしてコミュニケーションの無駄を削減し、業務の効率化を図るのか。

仕事が依頼しやすくなり、離れていても一緒に仕事をしているような感覚が持てたり、
声かけの不安など余計なストレスを減らすことができたり、心理的安全性が保たれた環境をどう生み出すのか。
事例を交えてご紹介させていただきます。ぜひ、お気軽にご参加ください。
プロフィール
新卒にて大手旅行代理店で法人営業を経験後、2015年中途入社。
マーケティングリサーチの営業社員として主に⾷品・出版・通信業界などの顧客層の方へ向け、ニーズに合わせた調査⽅法を提案・企画。
入社3年目からはプレイングマネジャーとなり、主に事業会社を担当するチームの立ち上げからマネジメント等を行う傍ら、RPAやHRTech領域への新規事業立案と推進を兼務。

2020年6月からは新規事業チームを新設し、Humap(ヒューマップ)事業グループのマネジャーとして活動中。
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-24 14:50 ~ 15:20
    M2-6【DX事例】ローコード開発における緊急時のシステム開発とデータ活用事例

    (株)ジュッポーワークス
    営業企画部
    車田 和則 氏

    詳細

セミナー詳細
【DX事例】ローコード開発における緊急時のシステム開発とデータ活用事例
2020年2月、新型コロナウィルス(COVID-19)が国内で確認され、対応可能な全国の集中治療部門のリソースを把握するとともに、症例の情報共有が急務となりました。
このような急を要するシステム開発事例を、開発手法や開発期間、また収集されたデータがどのように活用されているかを含めて紹介します。
プロフィール
  • 大阪会場
    専門セミナー
    2022-06-24 15:40 ~ 16:10
    M2-7ワークプレイスの変遷と、データ分析を通したこれからの最適なオフィス改革

    (株)ヴィス
    常務取締役 デザイナーズオフィス事業本部 本部長
    金谷 智浩 氏

    詳細

セミナー詳細
ワークプレイスの変遷と、データ分析を通したこれからの最適なオフィス改革
働き方が多様化するなか、生産性を高めながらオフィスやワークプレイスを維持する方法について、多くの企業が模索を続けています。オフィスは、働く人それぞれの業務内容や役割を軸に働き方を考える「Work Place 4.0」へ変化しています。オフィスや働き方の最適解は、企業ごとに異なります。本セミナーでは、ワークプレイスの変遷とその考え方、オフィスの現状把握のためのデータ分析、将来の可能性について仮説構築を行う方法をお話します。
プロフィール
1976年大阪府生まれ。1999年関西学院大学社会学部卒業。東証一部上場企業にて広告企画および HR 企画営業を経験ののち、2004年デザイナーズオフィス事業立ち上げに際し株式会社ヴィス入社。プロジェクトマネージャーとしてベンチャー企業から大企業まで数多くのオフィスを手掛けるとともに、新卒採用構築や広報・WEBマーケティング責任者として幅広い業務に対応。2015年より現職。2022年より株式会社ワークデザインテクノロジーズ代表取締役社長を兼任。

自治体特別講演協賛企業